シングルマザー

魔の2歳児降臨!イヤイヤ期を楽しみながら乗り越え方&対処法5選

こんにちは、みいです。

イヤイヤ期が始まったばかりの時は、そんなに大変ではなかったはずなのに、気が付けば何を言っても返事はイヤ
そのうち聞いている側ですらも「私の方が嫌だわ」と思ってしまうほどクタクタに…

誰もが通る道とわかってはいても、ついカッとなってしまうことだってあると思います。

でも、こちらが一緒にイヤイヤしていたところで何かいい方向に進むわけじゃありませんよね。
今回は、私がイヤイヤ期を楽しむために意識していたことを共有します!

スポンサーリンク

なんで何でもイヤって言うの?

2歳と言っていもまだ小さな子供。
言葉だって自分の言いたいことのほとんどがうまく表現できていない時期です。

大人だったら説明出来ることも出来ません
だからすべてを「いや」の一言で表現してしまう。
これが物を投げたり、叩くといった表現になっている子もいます。

では、そんな時どうしたらママもイラッとせず、その時期を乗り越えられるのか。

ママが笑顔でいられるためにやれる8選!日常に少し工夫するだけでハッピーに子供が出来ると自分の時間が減ってストレスが溜まってイライラすることありますよね。 でも誰しもが楽しく幸せに過ごしたいと思っていると思い...

対処法

選択肢を与える

1歳までは何を与えてもそのまま受け入れてくれていたのが、2歳になると突然自我が芽生えます。
そして、「はい、これね」と渡したものに「ちがーーう!」となった子供はスイッチが入ったらしばらく泣き止んでくれないことも

こうならない対処法として、私は何でも選択肢を与えるようにしていました。

例えば、使うスプーンをどれにするのか選ばせる。
おやつは何を食べるのか選択肢を与える。
服、靴、鞄も「今日は何着よっか」と聞いてみる。

選べるものって沢山あります。
そしてそれを無意識のうちにママが選んでしまっていませんか?

自分で選んだものは喜んで使ったり、喜んで着ます
選ばせる時は選択肢が2つぐらいだと子供も選びやすくて、ママの要望も通りやすいのでおすすめですよ!

子供の好きなキャラクターに話させる

親の言うことは聞かないけど、他人の言うことは聞くことってありませんか?

大人になってもありますよね。
親の言うことは聞けないけど、他人の言うことは聞けること。笑

それと同じです。
でも日常生活の中で誰かに家に来てもらって、代弁してもらうなんて出来ないし…
そこでお助けマンとなってくれるのがキャラクターです!

子供の気に入っているキャラクターや動物のぬいぐるみありますよね?
それにお話ししてもらいましょう
びっくりするぐらいすんなりと事が進むことがあります。

キャラクターは子育ての相棒です♡

第三者の目線にたつ

他人の子が駄々をこねているのを見て、自分の子が駄々をこねる時と比べて、あなたの反応って違いませんか?
私の場合は、他人の子がギャーギャー言いながら嫌がっていても、むしろ可愛いです

そしてよく安堵していました。
「あ~うちの子だけじゃないんだな」って。

だから自分の子がイヤーーと叫んでいる時、少し気持ちの距離を取りましょう
そうすると子供が何で嫌と言っているのかの本質が見えてきます。

  • 「この椅子の位置が嫌だったんだな」
  • 「お皿を治したのが嫌だったんだな」
  • 「先回りしてやられたのが嫌だったんだな」

大人にとっては些細なことでも子供にとっては一大事件
気づいたら謝ったらいいんです。

「ごめん、ママ気づかなかった~。次は○○ちゃんがやってね。」

そんな気づきが、自分の心も落ち着かせてくれます。

事前に説明する

どうしても今日はこれをやらなければいけない!
そんなときもありますよね。

いつものルーティーンと違うことをすると嫌がるってこともよくあります。
そういう時は事前に説明しておきましょう。

例えば、洋服。
最近はおしゃれな子が増えてきていて、友達との外出の時、どうしても着てほしい服がある場合は前日からお願いしておきましょう

もちろん、それでも当日になって「ねこちゃんのがいーい!」と言ってくるかもしれませんが笑
そういう時は「それならズボンはママに選ばせて~」と楽しく二人でコーディネートでも考えてください♪

事前に知らせておくことで、少し心の準備をする時間を与えられます

今だけと思って楽しむ

イヤイヤ期の間ってまるで長い出口のないトンネルを走っている気分になるときもありますよね。
でもそのトンネルには必ず出口があります。

中学生でお店の床に転がって「いやだーーー!」と泣き叫んでいる子、見ませんよね?

赤ちゃんが段々子供になっていくのと同じように子供も成長します。
過ぎてしまえばあっという間で、とても懐かしく感じるものです

泣き叫んでいる子も、今だけと思ったらとても愛おしく思えてきますよ♡

子供との時間が少ない!大切なのは子供とどう過ごすかで時間じゃない家事に育児に仕事! 毎日やることに追われて子供との時間が取れなくて寂しい思いをさせているのではないかと不安に思っているシングルマザーも...
スポンサーリンク

おわりに

何をするにも否定から入られるとママまで滅入ってしまう気持ち、とてもわかります。

でも、これも1,2年経てばもっと言葉が喋れるようになって、いやと言う以外の表現が出来るようになってきます。

今だけ今だけと呪文のように頭で唱えながら乗り切るのもありです!
辛い!無理!ストレス!と思わずに楽しく過ごせる工夫をしていけば、あっという間に過ぎていきますよ

あなたも子供も二人が少しでもストレスなくイヤイヤ期を乗り越えられますよう参考にしてみてください♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です