シングルマザー

アメリカで出産から子育てまで経験した私が思う日本との違いや学べること

こんにちは、みいです。

私はアメリカで妊娠生活の半分、出産、子育てと経験してきました。
そして日本で言われていた当たり前だと思っていたことが、実は日本という狭い国の常識に囚われていただけなんだと知りました。

別にどっちのやり方があっている、間違っているという話ではないんです。
ただ日本では【ダメ】とされていることも決してダメではないと知ることで少し肩の力を抜いて子育てが出来るんじゃないかなと思います。

そうすること育児もかなり楽になります
常に【こうしなければいけない】って思いながら育児するのって窮屈で辛くないですか?
もう少し肩の力を抜いて育児をすると、もっと楽しめますよ♪

スポンサーリンク

妊娠から出産までの違い

妊娠中の食事制限なし

妊娠中結構気にしてしまうのが体重の増加ですよね。
意識していても自分の意思とは裏腹にどんどん増えて、なんでー!と思われた方も多いと思います。
それに加えて産院からの体重管理の厳しいこと。

私日本で行っていた病院が大きい病院だったんですけど、体重のことに触れられたこともありませんでした!
周りは厳しく言われている人のほうが多い中、こんなに増えてるのに何も言われなくて大丈夫なんだろうかって心配になってしまったりして笑
そしてアメリカに来てからも一度も体重のことに触れられることなく妊娠生活が終わりました
これ私が体重が増えてなかったからじゃないですよ!

正直言われないからといって体重増加を気にしないかって言われたらそうじゃないんですよね。
極端に増えてしまって母子に危険が伴うとかならまた別の話だと思うんですけど…
でも大半の人は気にして、食事に気を使ったり普段やらない運動をしてみたりってしていると思います

日本で注意されたのは私の行っていた病院がたまたま体重増加を気にしない産院だったんだと思いますが、アメリカの場合はたまたまではなく、どこの病院でも言われることはないです。
そんなの注意されたっていう話を聞いたこともないです。

むしろ15kg〜20kgは増やしてください!と怒られました笑

日本人の普通体型であれば、アメリカでは痩せ型です。
痩せ型の人はそれぐらい増やしなさいと言われます。

15kgも増やしてたら日本じゃ怒られるよ〜と思いましたね笑

そして普通体型より大きめの人であっても12kg〜15kgは増やしなさいと推奨されています。

「増やしたほうがいいです」じゃないんですよ、shouldなんです!「増やすべき」なんです笑

私が妊娠8ヶ月食事指導に行ったとき既に産前より+12kgだったんですけど、それでも怒られたんです。
体重が増えすぎだからではなく、体重が増えなさすぎという理由でです。
ピーナッツバターを毎食食べなさいとか言われましたよ〜

この違いにはさすがに驚きました。

無痛分娩が当たり前

妊娠9か月ぐらいの時に病院に行ったときの私と看護師さんの会話はこんなのでした。

看護師さん
看護師さん
予定日はいつ?
私
6月23日です。
看護師さん
看護師さん
もうすぐね!出産方法はどうするか決めてる?無痛?
私
自然分娩ですかねぇ。
看護師さん
看護師さん
えっっ!勇気あるわね〜!頑張って!

え、勇気…ある?

日本じゃ無痛とか帝王切開だと頑張っていないなんて言う人がいるから自然分娩が普通だと思っている人も多いと思います。
でも結局日本の普通はアメリカの普通じゃない

無痛で産まない=勇気があるんです!
日本人のママはすごいいい!

結局私はというと、無痛で産みました
でね、アメリカで無痛で産む人が多いのは、痛みに弱いからってだけじゃなくて、母親の体力消耗を減らすためでもあると知りました。

産後翌日退院

子供を産んだ次の日のお昼には退院です!
日本みたいに1週間病院で色々指導なんてしてくれません。
指導してくれたことといえば母乳のあげ方ぐらい。

次の日の朝には退院手続きをしてお家に帰ります!

このときに親に「産んだ翌日とは思えないぐらい元気だね」と言われました。
これこそ無痛分娩のおかげだと思いました。

あまり体力を消耗しないからこそ次の日退院しても大丈夫な体力がある。
助かりました!

産後翌日の看護師お家訪問

アフターフォローはどうするの!?と思われた方。
退院翌日には看護師がお家訪問してくれます

訪問でいる時間は、1時間程度だったと思います。

  • 家に帰ってきて過ごしてどうか
  • 何か質問はないか
  • 赤ちゃんの状態の確認
  • 子宮縮小はどうか

お家で確認してくれます。

家に帰ったからこそ、出てきた疑問を聞けるのはとても有り難かったです!

子育ての違い

出産だけではなく子育て自体アメリカと日本ではかなり違います。
日本人の友達に言うと「え〜それどうなの!?」と言われることもこっちでは当たり前なんてことはたくさんあるんですよ。

乳児のときから寝室は別々

私は赤ちゃんのときから今もまだ同じ部屋で寝ているんですけど、アメリカ人は家に帰ってきた日から赤ちゃんは自分のお部屋で寝ます
どうやって泣いてるかわかるかというと、モニターをつけるんです。
声が親の寝室に聞こえてくるようにして、親は子供とは別の部屋で寝ます。

泣いたときは、ちゃんと聞こえるので、その時に部屋に行くんですよ!

これ聞いたとき正直面倒くさそうと思ってしまったんですけどw
だって夜中に目が覚めてオムツ替えたり母乳あげたりするだけでも辛いのに、部屋を移動するのって結構な労力って思っちゃいました。
でも赤ちゃんのときから自分の部屋で寝ることで、いつから別の部屋で寝かせようという心配はないんでしょうけどね!

そして、ベビーベッド上には何も置いてはいけません
かけ布団、タオルケット、ガーゼ、ぬいぐるみ、どれも置かないよう指導されます。
赤ちゃんの顔にかかってしまったら危ないからです。

日本ではそういった指導をされるかわかりませんが、装飾して部屋の可愛さ優先するより安全性が第一なので、何も置かないのはとてもおすすめです!

夫婦の時間を大切にする

日本の芸能人がデートナイトをすると相当叩かれていますよね。
子供を預けて夫婦で出かけるなんてって言う考えもわからないでもないです。
でも子育てしてるからって少しの息抜きもだめかと思うと、そうではないと思います。

子供を預けるのに信頼できる人がいるなら、夫婦だけの時間って大切なんじゃないかなと思うんです。

私は、シングルマザーなので夫婦の時間も何もないですが笑
でもママとパパではない時間があるのって大事なことなんじゃないかなと思います!

個々のペースを大事にする

日本では時期が決められすぎてる!
周りの子と比べてうちの子は出来ないと焦ってしまう人を沢山見ます

これって知らない間にすごい重荷になってストレスになることだと思います。

トイレトレーニング

特にトイトレ(トイレトレーニングの略)!

これは日本だと2歳ぐらい、せめて3歳までには取れてないと!と躍起になっていませんか?
幼稚園などでオムツNGとかであれば、話は別ですけど、そう焦る必要なんてありません。

そりゃ小学校上がるときまでに取れていないとさすがに恥ずかしいかもしれません。
それに紙おむつはお金がかかる!
いつまでお知り拭かなきゃいけないのよ!と思う気持ちもわかります。

でも焦りはこれとはまた違いますよね。
大体の人の焦りは「周りもできているからうちも出来ていないといけない」という感情から生まれるものだと思います。

そして焦れば焦るほどイライラする!
悪循環です。

アメリカではここのペースでそのうち取れればいいでしょというスタンスです。

現にうちの息子は3歳過ぎてもまだ取れていません。
もちろん、焦った時期もありました。
保育園の先生に相談したり先輩ママに相談したんです。

その時の保育園の先生からのアドバイスは、

保育士さん
保育士さん
そのうち取れるから大丈夫よ〜

という呑気なもの笑

アメリカ人の先輩ママに相談したら、

先輩ママ
先輩ママ
3日やってうまくいかなかったら1ヶ月時間を置いてまた3日ほどやったらいいよ!強制すると嫌になるから強制はだめ。

というものでした。

結局、その子のペースがあり、いちいち焦らんで良し!と言われた気がして随分気が楽になりましたよ!

まあもちろん頭の片隅では「やっぱりそろそろ取れたほうがいいんじゃないかな〜」と思うときもあります。
そういうときは息子に聞いています。「トイレ行くー?」って。

強制はしません

もちろん「No〜」と言ってくるときもありますし、「いくぅぅ」とすんなり行くときもあります。

周りのペースではなく、子供のペースに合わせるようにしたらトイトレに対するストレスがなくなりました。
そうすると気持ちに余裕ができて、穏やかでいれますよ!

褒めて褒めて褒めまくる!

アメリカ人を見ているとまあオーバーすぎるぐらいに子供を褒めています

  • 「わぁお!ワンダフル!」
  • 「グレイト!」
  • 「ファンタスティック!」

日本で言う「すごいね〜」にこれだけの言い回しがあるんです。
何事もコメントする前に褒める!

私もアメリカ人に比べるとまだまだですが、たくさん褒めるようにしています!

叱るより、褒める育児をしていると自然と笑顔も増えます
子供だけでなくママにもいい影響がありますよ!

叱り方

私は小さいとき、お尻ペンペンされて育ってきましたが。
そんなことアメリカしていたら通報されてしまう可能性もあります。

こっちはタイムアウトが主流です。

言うことを聞かなかったとき「はい、タイムアウトね」と一定の場所に一定の時間座らせます
私は、小児科の先生から教わったんですけど、アメリカでは主流みたいで、怒られたときはタイムアウトさせられている子を見ます。

一人でじっと座っていられない時期はママの上に座ってタイムアウトさせていました。
1回で聞けなかった場合は、1回目より長めのタイムアウト。

動き回りたい子供からしたら、1分間じっと座っていること自体嫌なとこみたいで、「タイムアウトだよ」というと「いや〜」と泣いている子もよく見ます。
わざわざ叩く必要なんてないんです!
子供にはちゃんと伝わります。

赤ちゃんのときから口にチューなんて当たり前

赤ちゃんの口にキスしたら虫歯になる。

呪文のように言っている人もいますが、それならアメリカ人みんな虫歯だらけです笑

私が日本では赤ちゃんにちゅーすると虫歯になるからってしない人が多いことをアメリカ人の友人に言ったら爆笑されました。
日本では親ならばみんなが知っていることも、アメリカでは面白おかしく笑い飛ばされて終わりです。

でも実際虫歯菌が唾液ででうつってしまう可能性があることにはあるらしいので、ここは親の自己判断ですね。

愛情表現をしまくる

キスもそうですが、ハグだってしまくります!
“I love you”なんて1日に数え切れないぐらい言ってる!

この間私が子育てとは関係なくストレスが溜まっていてイライラしていたときに、それを見た息子は一言。

「Mommy, I love you.」

それで急にストレス吹っ飛びました笑

魔法のコトバです!

このケースは私が言われている側ですが笑
でも愛されていて嬉しくない人なんていないですよね。
毎日、1日何回でも伝えましょう!

スポンサーリンク

おわりに

アメリカの子育てをそのまま日本に取り入れると批判する人って沢山見ます。
でも例えばデートナイトをしているから子供を愛していないなんてことにはならないと思いませんか?

だったらアメリカ人の子供はみんな愛されてないということになってしまいます。

夫婦だけの時間をとったから、子供と赤ちゃんのときから寝室が別だから、愛情を与えられてない訳ではないはずです。
子供と一緒に過ごす時間の中で愛していることを沢山伝えて、表現していれば、子供には必ず伝わっています

文化の違いから学べることって沢山あると思うんです。

周りと違っているから間違っているという考えではなく、それぞれの家庭でうまくやっていくためにアメリカの文化を取り入れてもいいと思いますよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です