シングルマザー

幼児教育無償化が2019年秋からスタート!母子家庭には嬉しい制度!?

2019年10月【3~5歳教育無償化】が決まり、子育てをしている家庭には嬉しいニュースですよね。
保育料が無償化されたら家計も少しは楽になるのかもと喜ぶ一方で、預けるところによっても違うのか、全てが無償になるのかと疑問が出てきました。
それにどうやら反対派の人もいるようです。

具体的な制度内容や対象となる世帯など幼児教育無償化について知っておいた方がいいことをまとめました。

スポンサーリンク

3~5歳教育無償化の対象

保育園って入るのだけでもシーツ、布団カバー、エプロン、通園バッグなど準備するものが沢山でそれだけでもお金がかかりますよね。
それプラス保育料が毎月かかっていては収入によっても違うとは思いますが、それなりにお金が出ていきます。

その保育料が出て行かないってだけで生活の足しになるし、その分を貯金にも回せると思うのとかなり有難い!

幼児教育と保育の無償化がスタートするのが2019年10月
3歳から5歳の子供は全世帯が対象となります。
完全無償化となるのは認可保育と認定こども園で認可外保育の場合は一定の上限を設けて利用料を補助するという形になるそうです。

これ所得は関係なくなるっていうところがポイントです。
今までは認可保育は収入に応じて支払う金額が変わってきていましたが、3歳から5歳までの子供に関しては世帯所得にかかわらず一律無償化

認可外保育は上限付きで対象

3歳から5歳の子供は一律どこでも無償化になるのかなと思っていたらそうではないようです。
ここでもやはり認可と認可外では違いが出てきちゃうんですね。
認可外の場合は利用料が補助されるということですが、どれぐらい補助されるのかが気になるところ。

認可外や私立幼稚園などの利用料を独自で定めているところに関しては月額2万5700円を上限とし、幼稚園での【預かり保育】も市町村から保育の必要性が認められた場合、月額3万7000円を上限として補助するとしています。

シングル家庭の場合は月額3万7000円まで補助されることになります。

ただどの認可外も対象となるかというとそうではないそうです。
5年間は様子を見るという点ですべてを対象とするものの、6年目からは国の指導監督基準を満たしたところに限定するとしています。

これって考えてみれば、質のいいところはちゃんと補助が出るってことだから見極めやすくなっていいのかも。

必然的に質のいいところに人が集まり、そうでないところは集まらなくなりそうですね。
でも結局待機児童に関しては変わらないのかなという気がします。。

0~2歳の無償化対象世帯

3歳から5歳が無償化っていうことは0歳から2歳は変わらずなのかと思いきや、0歳から2歳も条件付きで対象となります。

条件というのが住民税の非課税世帯

シングルマザーの住民税非課税世帯とは

寡婦(夫)で、前年の合計所得金額が125万円以下の方(年収204万以下)
※未婚で16歳未満の子供を育てている場合も同じ条件です

この条件に当てはまる世帯を対象として、0歳から2歳の子供も認可保育が無償化され、認可外保育についても、3歳から5歳と同じく市町村の認定を得た人は月額4万2000円を上限に利用料が補助されます。

給食費やバス代はどうなる?

無償化になって支払う金額が軽減されるのかと思いきや、ちょっとどうなのかなと疑問に思う点もありました。

実は給食費に関しては負担が増える可能性があるとされているんです。
認可保育園はお米やパンなどの主食が実費、おかずなどの副菜費は保育料に含まれている形になっていますが、無償化が開始されると、生活保護世帯を除いて実費負担になるとされています。

結局その給食費+消費税増税で出費が減るのかどうか疑問に思えて来ますね。

バス代に関しては、徒歩や送迎する人など様々ですし、どこを見ても言及されていなかったので一概には言えませんが、基本は一律保育料のみが無償化の対象となっていて、その他の雑費は別途必要になってくるでしょう。

幼児教育無償化はずるい!?

検索していくうちに出てきた『幼児教育無償化 ずるい』の文字。

うちは払っていたのにこれから入る人が無料なんてずるい!

自分の都合で保育園に預けているのにそれが無料になるなんてありえない!

そう言った声も見ました。

ただそんなのずるいって言うのはどうなのかなと個人的には思います。
私が逆の立場だとしたらきっちり払ってきた分悔しい気持ちは出るとは思いますが、それは個々が決められることではなく政府が決めた制度です
子供を産む時期、その時によって異なる制度がありますよね。

それは幼児教育無償化に限らず言えることではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

  0~2歳 3~5歳
保育園・幼稚園・こども園 住民税非課税世帯 全世帯
認可外保育園 住民税非課税世帯-上限42,000円 上限37,000円

正直言うと無償化が決まったと聞いた時、嬉しい気持ちと同時にこれで今ある問題が軽減されるのかなと疑問に思う部分がありました。
無償化より待機児童のことを考え、しっかりと安心して預けられる預け先の確保の方が優先してほしいなと思ったり…
でもそうなると人員不足などもあり、中々簡単に出来ないんでしょうね。

私は日本に帰ってから子供を保育園に入れるのが、子供が4歳になる年です。

1年弱この恩恵に与れるのはとても嬉しい!

保育料って意外と馬鹿にならないですし、シングルマザーの生活がこれによって少しでも楽になるといいなと思っています。
金銭的余裕が少しでも出来たら、気持ち的余裕も出来ますし、必然的に子育てに対する余裕も出来ますよね!
来年の秋からどのように変わっていくのか楽しみですね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です