イベント

3歳11ヶ月男の子を連れてキッザニア東京へ!頑張る姿に感動の嵐

子供が2歳ぐらいのときからずーっと興味はあったものの、親と離れて一人でやらなきゃいけないのに3歳から体験できるとは言え、なかなか難しそうだなと思っていたキッザニア。
サイトを見ていても初めて行くときは疑問点が沢山出てきますよね。

  • どうやって周るのか
  • どれだけ混んでいるのか
  • 食べるところはあるのか
  • キッゾはどうやって使うのか
大人気にも関わらず、詳細が細かく書いてあるところがなく、行くまで結構不安だったんです。

同じようにキッザニアデビューさせたいけど、どういうところなのか疑問に思っている人のために、3歳11ヶ月の息子と行ったキッザニアでの体験をシェアします。

スポンサーリンク

キッザニアへ3歳児男の子連れで行く前の準備

キッザニアに行ってから色々考えようと思っている人は要注意です。
特に子供が小さい時は事前準備が大事だったりします。
この準備さえバッチリ揃っていれば、後は楽しむだけになりますよ。

事前予約を済ませよう

行く前にまずやることは事前予約。これをしないことには始まりません。
当日券もありますが、残数がある場合だけになるので、確実に行くためにも事前予約を済ませておきましょう。

彼
これどれに申し込むの?

キッザニアは第1部と第2部に分かれています。

キッザニアの営業時間

第1部 9:00~15:00
第2部 16:00~21:00

これどっちに行くのか迷いますよね。
でも3~4歳だったらおすすめは第1部。
第2部は夜9時までなので、子供に無理をさせないためにも前半の部がおすすめです。
第1部と第2部両方に申込みも出来ますが、短いと思えた6時間も終わってみれば充実していたし、想像以上に疲れます。

私は第1部だけでも終わるころにはヘロヘロでした。

ちなみにキッザニアの予約受付は3ヶ月前からです。
団体客が入ることも多く、人気も高いため、行くと決めたら即予約をしましょう。

事前予約の方法
  • 公式サイトからの事前予約
  • JTBやコンビニ等の代理店での予約

入場者数の上限が決まっているので、事前予約をすることで入場出来ないかもという不安もなくなりますし、早めに取っておいてくださいね。

子供に何が体験したいかを聞いておこう

キッザニアで体験出来るお仕事は全部で81個。
その中から10個程やりたいものを聞いておきましょう

私はまずどんな雰囲気かわかってもらおうと思い、キッザニアの公式動画を見せました。
この動画見るだけでもどんな感じなのか理解しやすく見ておいて損はないです。

ここいきたーい!

動画を見た時点で息子も大興奮!
スイッチを入れておいてから「3日後に行くんだよ。どれやりたい?」とお仕事欄を見ながら説明しつつ、2人で決めていきました。

事前調査の結果、回れるお仕事の目安は

  • のんびり回るなら3~4個
  • 普通に回って5~6個
  • 平日等空いている日や慣れている人は8個以上

私が行くのは週末だったので、のんびり回って3~4個回れればいいかなと思って計画を立てることに。
まず10個やりたい仕事をあげておいて、その中から絶対にやりたいものを3個選びました

3歳息子が選んだトップ3
  1. 消防士
  2. パイロット
  3. 宅急便

選ぶものが『ザ・男の子』ですよね笑
見事に乗り物だらけ。
この3つは絶対に回ろうと決めました。

私が他に目星をつけていたのは食べ物系のお仕事
ソフトクリーム屋さん、ピザ屋さん、ミルクハウス等、食べ物を自分で作って食べられるものはそう難しくなさそうだし、時間があったら行きたいリストに加えておきました。

私はマップをプリントアウトして『優先順位の高いもの・行けたら行きたいもの・気になるもの』と3つの色に分けて印付けしました♪

キッザニアの公式サイトではお仕事一覧で『お気に入り』に入れておけるので、アナログじゃない人は『お気に入り』に入れておいて、それを見ながら回るのでもいいと思いますよ。

当日は早起き必須!まさかの列に驚愕!

第1部は9:00~15:00なんですが、7:40頃には入場受付を開始し、8:30頃入場します。

キッザニア東京とキッザニア甲子園では入場受付時間が異なります。
上記で紹介したのはキッザニア東京の入場受付時間です。
キッザニア甲子園の場合、7:15頃入場受付、8:30頃入場となります。

時間については前日に調べたので、時間を見て彼と2人固まりました。

休日だと7:40に行っても列出来てるんだって。

じゃあ、7:30待ち合わせして行くか!

休日より早いいいいい。

でも私達は甘かったんです。むしろ甘すぎました。。

7:30に待ち合わせをし、ららぽーと豊洲に入って私達が目にしたのは長蛇の列

え、嘘やろ。これ!?

すごい並んでる。。

これが開店前のららぽーと内に出来る列なのかと驚く程の列でした。
そして、入場開始後配られた番号は93番。
7:30に行っても93組目でした

更に驚いた事に、私達が入場する横に出来ていた15人程の小さな列。
なんだろう?と思って見てみると第2部15:00~キッザニアに行く人の列が既に出来ているではありませんか!
7:40ですよ!?キッザニアに入れるまで後7時間以上もあるのに既に並んでいる人が1人や2人じゃなく15人もいるなんて!!
気合いの入っている人は違いますね。完敗です。
第1部の一番最初に並んでいた人は一体何時に並んでいたのか、私には想像も出来ません。

入場の時に全員が揃っていればいいので、入場受付時間には1人でもいいそうです。
正直93組目でも充分色々回れたので良かったですが、大人気のお仕事に行きたい場合は結構気合い入れて早く行く必要があるのかもしれません。

入る前につい購入してしまったもの

入場受付を済ませて入場を待っている列に並んでいる時に気づいたのが、周りの子たちがお仕事のスケジュールを何かに挟んで首から下げている事。
便利そうだし、なんかかわいいな~なんて思っていたらお姉さんが販売して回っていました。

紙1枚で持ち歩くと破れそうだし、息子が持ち歩くのにあった方がいいなと思い、迷わず購入。

これにする~

これ1つ1,050円でした。
※購入したのが透明のケースがついているもので、色付きのケースがついているものに関してはもう少し高いです。

このホルダーがあったからこそ、スケジュールの紙を無くすことなく息子がずっと自分で持っていてくれたと思うので、購入して良かったです。

キッザニアで3歳息子が体験した6つのお仕事

元々3~4つ回れればいいかなと思っていたのに結局6つも回れてしまいました!
これには自分が一番驚きました。
3歳息子の様子と共に一つ一つ紹介しますね。

お仕事体験1:消防士

息子も大好きな消防士は人気なお仕事なので、入場と同時に向かう事に。
まだ最初の枠が空いていたので、そのまま入って待つことにしました。
この時点で親とはバイバイになります。
そうはいっても私達は消防車を挟んだところにいたので、そう遠い訳でもないですが、時々こちらを確認したり手を振ったりしながらもちゃんと座って待つことが出来ていましたよ。

そして時間になったら隣の部屋に移り、お仕事スタート!
部屋のすぐ外にいたものの、話してる内容が全部聞こえる訳ではないんですが、まず準備運動して整列や番号を順番に言う練習をしたりしていました
多くの子が5歳以上だったようで、年齢の割に大きい息子もこの日はミニに見えるほど。
みんなが何かをするのにもワンテンポ遅れて反応していましたが、どれもとても一生懸命やる姿に私はひたすら悶絶してました。可愛すぎた。

整列するときに場所を間違えたり、自分の番号がわからずキョトンとしていてもお姉さんがその都度教えてくれていたので、出来ないから駄目ということもなく、間違えながら戸惑いながらも助けありきで成立していました

憧れの消防士の服を身にまとい、消防車に乗って向かった先は火事の現場!
一生懸命放水する後ろ姿にも私はひたすら感動。


動画の中でお母さんが「がんばれ!」と言っている姿が映っていて、さすがにこれは言わないでしょと思っていた私ですが、言いたくなる気持ちもわかるぐらいでした。

それぐらい息子の後ろ姿から一生懸命さが伝わってきたんです♡

お仕事体験2:宅配センター

次はパイロットかなと思っていたら

ゆうびんやさん いく~

という訳で向かったのはヤマト宅急便。


帽子を被る仕事は帽子の下に黒いキャップを被ります。
まあこの被ってる姿は何とも言えない笑

給食当番みたいでした笑

ヤマト宅急便車に乗ってキッザニア内を走り、お店から荷物を預かって別のお店に届けに行くお仕事でした。
お兄さんが言った言葉を繰り返し言う場面がいくつかあったんですが、それ意外は荷物を受け取ったり、荷物にスタンプ押してもらったりと難しい事は何もなくスムーズにお仕事終了。

ヤマト宅急便は普段も良く見るので、そのたびに「あれやったよね~」と自慢気に言っていて、その姿ですら愛おしいです。
後々会話の一つにもなるからヤマトは言って良かったなと思っています。

お仕事体験3:パイロット

次に向かったのはパイロット~!
事前にやりたいことを決めた後もずっと言っていたことだったので、本人もかなり盛り上がっていました。
ついて待っている時に気づいたのが、パイロットに関しては親はモニターから見る体験ということ。

普段から保育園に通ってるから私と離れることは慣れているものの、それでも大丈夫かなと少し不安でした。
でも離れることよりも息子が半泣きになりかけていたのが、数字を書いたり、言われたところに○を書く作業

紙が配られて、お兄さんが書いたものを見せてくれてそれに沿って真似て書けばいいだけなんですが、3歳には難しかったようで「出来ないいいい」と私の元にやってきました。
記入はちょっと難しいかなと思って手を取って一緒に書いたんですが、結局席にちゃんと座るように言われたので、その後は息子なりに頑張って○等書いていました。
後でその紙は渡してもらえるんですが、違うところに○が書いてあったり、数字じゃないものが書かれていたものの、息子が一人で頑張って書いたものだと思うと感動(´;ω;`)

案の定捨てられずに取ってあります。

それが書き終わったら「行ってきまーす」と飛行機の中へ。
別れてからはモニターに映っているのを見ているだけだったんですが、

  1. 1人ずつ写真撮影
  2. 操縦席に1人ずつ座る
  3. 操縦開始

という順番でやっていました。

息子は隣に優しいお兄ちゃんが座っていて、ずーっとその子と喋ったりその子のモニター見ながらふざけていたりしていたようでモニター越しでも楽しんでるなと伝わってきました。
完全に親とは離れているのでどうなっているのか全部は見れないものの、モニターの前に座って1人ずつモニターに映し出されているので終始子供の顔は見られるので安心できますよ

お仕事体験4:発明家

森永乳業のミルクハウスに行きたくて2階に行ったところで見つけたのが発明家のお仕事。
これ男の子には魅力的に見える要素があって…

その要素が紙飛行機!!

男の子だったら食いつかない訳ないですよね。

ミルクハウスは予約になったので、発明家のお仕事を体験することに!

自分で羽根の形等が決められるので、決めている間もワクワクな息子。
選んで組み立てて、実際に紙飛行機を飛ばすお仕事でした。
飛行機を組み立てている時は中には入れなかったんですが、飛行機を飛ばすときは親も中に案内してくれて近くで写真を撮ったり出来ます

紙飛行機の本体についている重りを動かしたり、羽根の向きを変えたりして違いを見たりするようでしたが、純粋に紙飛行機を飛ばして嬉しそうにしていましたよ。

お仕事体験5:ミルクフードマーケター

ピザーラやシャウエッセン等、食べ物系はどれも人気ですが、私がホームページを見て気になっていたのが、森永乳業。
その時々で作るものが多少変わるようですが、私達が行ったときは『チーズケーキ』でした。
チーズケーキが美味しくない訳ないし、即決定!

お仕事着をもらって着せたらその可愛さに私は完全に撃ち抜かれました。

なんなの、この可愛さは!!

森永乳業で一緒に体験した残りの5人は小学校5年生と6年生。(会話の中で聞こえました笑)
同学年の子と比べると大きい息子もさすがにミニでした。

手を洗って、何をするかの説明を聞き、沢山あるトッピングから自分の好きなものをチーズケーキの上にトッピングするお仕事
親はガラス越しに見ていられるので本当に近くで見れるし、真剣にトッピングを選ぶ子供の姿は可愛すぎました!

説明の時に「トッピングは入れ物ごと近くに持ってきてからスプーンなどで取って入れましょう」って言われてて、手で掴んじゃわないかなぁなんて心配でしたが、それも問題なかったです。
他にもクラッカーは1人1枚まで、チョコレートは2本まで等ルールがありましたが、それも難なくクリア。

多く取りそうになったらお姉さんが「2個だよ~」と都度教えてくれるからおちびでも安心です。

ホイップクリームを絞るのも息子一人ではうまく出来なくて苦戦していたらお姉さんがそっと一緒に絞るのを手伝ってくれていました
最後に自分の作ったものに名前をつけて、それを書くのもお姉さんに手伝ってもらい完成♪

写真入りの紙とファイルがもらえて、作ったケーキはその場で食べられます。

いちごケーキだよ!

いちごシロップを最後にかけたからかチーズケーキがいちごケーキと化していましたが、満足そうな息子でした。

お仕事体験6:軌道作業員

ミルク工房に行く前には空いていた運転士の仕事がなかったので、軌道作業員をすることに。
モンスターズインクみたいな恰好して、お仕事開始!

線路を点検したり交換する仕事で、ネジを取ったり線路を機械で上げ下げするお仕事でした
工具とかうまく使えるのかな?と思っていたんですが、ネジを取るのもボタンを押すだけ
線路の上げ下げもレバーを回すだけなので3歳でも出来るお仕事です。

ここまで来たら大分慣れてきたみたいで、息子も少し発言したりしていました。

できたよ~

息子より小さい子もいて、うまく出来ないときはお姉さんがフォローしてくれていたので、工具とかで遊ぶのが好きな子は楽しめるお仕事だと思います。

子供のペースで回りながら効率よくお仕事を体験するには

私達の場合は行きたいお仕事に向かってそのまま入ったんですが、最初の仕事が『予約』になるまで待っている人もいました。
そうすることで一つ予約して、それまで違うお仕事を体験することが出来ますし、時間に無駄なく回れますよね。

ただこれには注意点がいくつかあって、お仕事はそれぞれかかる時間が違います。
30分程で終わるものもあれば50分程かかるものも
それに予約は1つまでで、その予約を消化するまでは次の予約が出来ません。

こういったことを考慮しつつ行く前にスケジュールを立てる必要があります。

それにスケジュールを立てたところで、それ通りに進めるかというとそうではないんですよね。
その日の混み具合だったり、年齢層によっても人気のあるものは変わってきますし、意外と予測出来ないところもありそうだなという印象です。

息子が6つのお仕事を体験出来た理由として

  • 絶対行きたいお仕事を3つ決める
  • 人気だろうなと思うものから回る
  • 隙間時間に空いているものを体験する

予約が1つしか出来ないのがネックですが、予約は後でキャンセルも出来るので、やりたいと思った仕事は早め早めに取るのがおすすめですよ。

口座を作ってキッゾを預けられる上にお財布までもらえちゃう

キッザニアで口座を作っておくとそこにキッゾというお金を預けることが出来ます。
これ預けると次回も使えるし、貯めていけばキッザニア内のデパートでお買い物が出来るんです
1回行ったぐらいだと買えるのは消しゴムだったり缶バッチだったりと小さいものですが、大きめのおもちゃ等も置いてあって、貯めていった子はこういうのも買うのかな~と思いながら見ていました。

この口座開設も子供1人でやります。
口座も知らない3歳児がどうやって口座開設するの!?なんて思っちゃいますが、これが出来ちゃうのがキッザニア。

それなりの列が出来ていましたが、そこに息子を並ばせて、親はみんな外の窓や入口から見守っていました笑
窓口のお姉さんに呼ばれてその前に立ったものの、何をすればいいのかわからない息子は完全にポカーン。

何言っているかわからなかったんですが、「お財布持ってますか?」って現物見せながら聞いてくれたり、お姉さんは終始満面の笑み。

これ子供好きじゃなきゃ出来んよな

それな

優しいお姉さんのおかげで無事3歳児の息子も口座開設完了
一部だけ預けたようで、お財布にお金を入れて、カードも入っていました。

この銀行カードが本当にうまく出来ていて、キッザニア内にATMがいくつかあるんですが、ATMにカードを入れて好きな数字を4桁入れるだけで引き出せるんです。
数字関係なく、カードが認識してくれるようで、数字は何を押してもいいみたいです。
再現性が素晴らしい!!

3歳児を体験させるのに注意しておきたいお仕事

親が見えないところでの体験

多くのところでは親とそう離れることなく体験することが出来て、親もガラス越しに見ていたり、数十メートル程度しか離れず見守ることが出来ます。
でもお仕事によっては親と完全に離れ、子供たちだけで行動するものもあるんです。
その間親はモニターで子供の様子を見ることが出来ます。
親からしたら見えるから安心ですが、親と離れることに慣れていない子供にとっては不安にもなりますよね。

息子が今回体験した仕事ではパイロットが完全に離れて体験するお仕事でした。
普段から保育園に行っていたり、年上の兄姉がいる場合は良いですが、離れるのに慣れていない子は親と離れてする仕事は避けるがいいでしょう。

3歳ぐらいの子で大泣きしてお仕事を断念している子も見たので、自分の子が親と離れて一人で体験出来るのかどうかが一つの目安となりそうですよね。

全部英語を使った体験

意外にも多かったのが英語での体験。
キッザニアのホームページにも案内はあったんですが、そんなにあるものだと思っていませんでした。
でも息子が体験した6つの仕事の内2件は全て英語での体験。

うちは3歳までアメリカに住んでいたので特に気にすることなく体験させました

英語で話さなきゃいけないことは特になく、繰り返したり、数字を言ったり、軽い自己紹介をする程度でしたが、それでも全く知らない状態だと難しいかなと思いました。

スポンサーリンク

また行きたい!すっかりキッザニアの虜に

予約の時6時間の時間制限があって、あっという間に終わるなと思っていたんですが、終わってみると6時間は充分すぎる時間でした。
体験もたくさん出来たし、私と彼は帰る頃にはぐったり笑
見ているだけなのに結構疲れます。

息子は「まだいたい!帰らない!」と駄々をこねるほど楽しかったみたいで、また行く約束をした程でした。
3歳になったばかりの頃はまだ早いかな~なんて思っていましたが、行ってみて本当に良かったです。
何よりも3歳から体験出来るとあって、働いてるお姉さんたちが優しすぎる!

見ていて安心出来ました。

キッザニアで撮った写真は何度見ても癒されるし、安い値段じゃないのでしょっちゅうは行けないけど、また連れて行ってあげたいなと思える場所です。

まだ早いかな~と思っていても親と離れても大丈夫であればぜひ連れて行ってあげてください。
親がいると見られない子供の一面が見られること間違いなしですよ♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です