シングルマザー

シングルマザーの貯金額と貯蓄術!節約と貯金をセットで行おう!

シングルマザーがどの程度貯金額があるのかとても気になりますよね。
国の調査でも、シングルマザーの貯金に関する項目があります。
自分は他の世帯と比べてどれぐらい貯金が出来ているのか、平均より少ないのかというのは気になるところだと思います。

他のシングルマザー家計はどれぐらい貯金をしているのか、どのように貯金を増やしていくか、節約と貯金のWでの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

シングルマザーの貯金額はいくら?平均は327万円!

厚生労働省が行う調査では、シングルマザーの貯蓄額も調査が行われています。
平成28年度国民生活基礎調査によると、シングルマザーの平均貯蓄額は約327万円です。
この中でも貯蓄がないと回答しているシングルマザーは37.6%もいるんです。

(平成28年度国民生活基礎調査)

一方、シングルマザー以外の児童がいる世帯の平均貯金額が約680万円。
両親揃っている子持ち家庭の場合で貯蓄がないと回答している家庭は14.6%です。
貯金額と貯金がない人のパーセンテージを見てもシングルマザーの方の貯金率も貯金額もかなり低いことがわかりますよね。

シングルマザーの場合、貯蓄があっても、50万円以下と回答した人も18.6%となります。
また、高額の貯蓄がある割合もシングルマザーと両親が揃っている子持ち家庭にも差があります。
シングルマザーで1千万円以上貯蓄があると回答した人の割合は7.1%なのに対し、両親揃っている家庭の場合は、22%になります。
シングルマザー家庭の貯金額は、両親が揃っている場合と比較して、少ないことがわかりますね。

シングルマザーが子育てするのにいくら必要なの?教育費は常に意識を!

貯金をする場合、漠然とした将来の不安などを減らすために貯めることもありますが、シングルマザーの場合は何と言っても子どもの教育費ですよね。
教育は子どもの将来に関わってきます。いくら経済的に厳しいからといって、ある程度お金をかけなければいけない部分でもあります。
子どもにはしっかりとした教育を与えたいですよね。

幼稚園から高校までにかかる教育費

(子どの学習費調査)

文部科学省の行なった子どの学習費調査には子供にかかる幼稚園から高校まで教育費をケース別で紹介しています。

  • 全て公立:約541万円
  • 幼稚園(私立)→小学校(公立)→中学校(公立)→高校(公立):約635万円
  • 幼稚園(公立)→小学校(公立)→中学校(公立)→高校(私立):約692万円
  • 幼稚園(私立)→小学校(公立)→中学校(公立)→高校(私立):約788万円
  • 幼稚園(私立)→小学校(公立)→中学校(私立)→高校(私立):1,063万円
  • 全て私立:約1,830万円

大学4年間でかかる教育費

さらにお金がかかってくるのは、子どもの大学です。
大学入学の場合、まず入学時にかかるお金は平均約88.4万円の負担があります
受験費用や入学金、最初の授業料などを一度に支払う必要があるため、入学時の負担が大きくなります。
(株)日本政策金融公庫の「2019年度発表教育費負担の実態調査結果」では大学で1年にかかる費用(2020)を公開しています。

  • 私立短大:約147.8万円
  • 国公立大学:約107万円
  • 私立大学文系:約167.6万円
  • 私立大学理系:約184.3万円

平均で1年にかかる費用は約151.7万円です。
単純計算しても4年間トータルではおよそ600万、私立理系となると1000万円以上の負担となります。
将来的な教育費は、常に貯金額との兼ね合いで意識しておく必要がありますよね。

シングルマザーの貯金額は?貯金額を増やす方法は手当を全額貯金へ!

現在の貯金額が平均よりも低かったり、全くなかったりする人は焦ってしまいますよね。
しかし収入が低いと一度に多額の貯金をするというのは現実的ではありません。
そこで、今からでもできる、貯金額を増やす方法を考えることが大切になります。
収入のほとんどが生活費に消えてしまう、という方にオススメの方法は、手当を貯金に回すことです。

児童手当を貯金すると総額いくら?

児童手当は、子供を育てている親に対して支給される、公的な制度ですよね。
児童手当だけで子供を育てることは難しいですが、支給されることがプラスアルファになることは確かです。
まずはこの児童手当を貯金に回して見ましょう。

児童手当の給付額

  • 0歳から3歳未満まで:月額1万5000円
  • 3歳から中学生まで:月額1万円

0歳からその児童手当を全て貯金した場合、198万円になります。

児童育成手当を貯金すると総額いくら?

児童手当は児童をもつ全ての家庭に支給されるものに対し、児童育成手当はシングル家庭もしくは両親のどちらかが一定の障害状態にある児童の養育者に支給されるものです。

未婚のママも支給されますよ

18歳の誕生日の後の最初の3月31日まで支給されるようになっており、毎年2月・6月・10月の年3回まとめて支給されます。

児童育成手当は児童1人月額15,500円(2020年4月現在)。

これを18歳まで貯めると約334.8万円です!
国公立大学であれば、約2年分は児童育成手当だけの貯金でもまかなえるほどですよ。

児童扶養手当を貯金すると総額いくら?

児童扶養手当も児童育成手当同様シングル家庭に支給されるもので、支給月は2ヶ月に1回、奇数月に2ヶ月分の手当が支給されます。
具体的には1月、3月、5月、7月、9月、11月の年6回支払われることになっています。

児童手当や児童育成手当と違い、児童扶養手当の場合は前年所得額に応じて支給額が異なります。
この所得には養育費の8割も含まれるんです。

子供が1人の場合(2020年4月現在)

  • 全額支給:所得87万円(収入160万万円)未満
  • 一部支給:所得230万円(収入365万円)未満

この条件に当てはまる人が受け取れることになります。

児童扶養手当の支給月額

  全額支給 一部支給
1人目 43,160円 43,150円~10,180円
2人目 10,190円 10,180円~5,100円
3人目 6,100円 6,100~3,060円

(2020年4月現在)

子供が1人で一番少ない額の支給だったとしても月10,180円支給されていれば、年122,160円になります。
18歳まで支給されるので単純計算すると児童扶養手当だけでも約220万円貯金出来る計算になるんです!
児童扶養手当だけでもかなりの額貯められることがわかりますね。

これまでの分は使ってしまっていても、今後貯めるだけでも差が出ますよね。
銀行に入っているとつい使ってしまうという方は、給付金を振り込む銀行口座を普段使用する口座ではなく、貯金用口座などの別の口座に指定することをおすすめします。

シングルマザーの貯金額は?節約でコツコツマネーを貯金に回す!

シングルマザーも少しずつ節約することで、多額ではなくても貯金することは可能ですよね。
『塵も積もれば山となる』ということわざがあるように日々の節約が大きな助けとなります。

改善策1:固定費の見直し

水道代や電気代、スマホ代などは毎月かかってくるので、トータルで見ると大きな出費です。
特にスマホ代は、格安SIMに変えることによって大幅に節約することが可能です。
なんとなくなぁなぁで使い続けるのではなく、しっかりと見直しをしましょう。

改善策2:生活費の見直し

食費に関しては、使いきれない量を買い込んでいたり、割高なものを買っていたりすることがあります。
買い物のロスを減らすためにも、節約のためにも、週1度の買い物がオススメです。
週末にその週の献立を考えることが出来れば平日楽にもなりますし、作り置きも駆使すれば時短にもなります。
週1の買い物であっても野菜やお肉は小分けにして冷凍することで、無駄なく使い切ることができますし、腐らす心配もなくなります。

改善策3:小銭貯金で楽しみながら貯金

キャッシュレスが進んでいるので、あまり現金を使わないかもしれません。
しかし、まだ完全にお金を使わないということはありませんよね。
そこでお勧めなのが、夜帰宅後にお財布の中の小銭を整理するということです。
一円玉や五円玉、十円玉を財布から出し、貯金箱に移しましょう。
チリも積もれば山になります。

いざという時の助けになりますよ。

シングルマザーの貯金額は?プロに相談してみよう!

自力での貯金計画に不安があったり、将来的な不安が出てくることがありますよね。
しかし、自分で計算するだけでは安心できないということもありますよね。
そんな時は、ファイナンシャル・プランナーなど、お金の専門家に相談することを考えて見ましょう。

ファイナンシャルプランナーは、家計やお金の専門家です。
簡単なことから応用まで、総合的にしっかりとしたアドバイスを受けることができるんですよ。
さらに、専門家は客観的な立ち位置から分析をしてくれます。
その結果、自分では気づけないような方法を教えてもらえることがあります。

専門家が一緒に考えてくれると、とても安心ですよね。
安心だけでなく、心強く頼ることができます。
ファイナンシャルプランナーはお金の専門家ですが、得意分野が人それぞれ異なります。
なので、様々な人に相談してみるのもいいですね。
相性が合わないと思うこともあるので、その際には他のファイナンシャルプランナーに相談してみるのもいいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

シングルマザーの貯金額は、決して高いとは言えない家庭が多いです。
しかし、これから教育費や老後の資金などたくさんの費用が必要になりますよね。
そこで、貯金と節約のWで、貯金を増やす方法を進めていきましょう。
将来的な不安や自力の限界を感じた時は、ファイナンシャルプランナーなど、専門家への相談することもお勧めです。
無理せず、貯金額をアップさせていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です